Centos8にphpをインストールする

2021年11月14日

//現在のパッケージをアップグレード
sudo dnf upgrade  

//REMIおよびEPELリポジトリを構成
sudo dnf install -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm  
sudo dnf install -y https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm  

//php:remi-8.0 PHP8パッケージを含むリポジトリをアクティブ
sudo dnf module enable php:remi-8.0 -y  

//アクティブなリポジトリを確認
sudo dnf module list php  

//CentOSにPHP8をインストールする
sudo dnf -y install php php-cli php-common 

//PHPのバージョンを表示して確認
php -v  

//phpを起動して常時起動設定をする
systemctl start php-fpm.service
systemctl enable php-fpm.service

例ではPHP8をインストールしようとしています。

説明

まず、現在(2021-08-24)の最新であるPHP8パッケージがCentosのデフォルトリポジトリに含まれていません。そのためREMI/EPLEリポジトリを有効にします。

あとはインストールするリポジトリとバージョンをアクティブにし、インストールを実行します。

SPECIAL THANKS

あぱーブログPHP8 インストールメモ(CentOS8)
Tutorial CrawlerCentOS / RHEL8にPHP8をインストールする方法